ご利用事例

FUKU助ご利用者様から頂いたメールやアンケートから、許可いただいたものを掲載させていただきます。

たいへん励みになるお言葉の数々、ありがとうございます。今後とも、FUKU助がお力になれるよう、尽力してまいります。

東京都 小林様より


いつもお世話になりありがとうございます。

 

独身の79歳の叔父が、軽度の認知症になっており、猛暑の中、熱中症気味になってご近所の方から連絡がはいり発覚しました。

 

そこから、介護申請をして、ケアマネジャーと連携していく中、血圧の薬を一日一錠を処方されたものの、カレンダーに一錠ずつ貼っても、一日2・3錠のんでしまっていました。

 

薬の管理が自分では出来ず、要介護1で、ヘルパーさん週2では、体調管理に限界があり、薬を飲みすぎても危ない為、薬が渡せず、一時期血圧が180から200まで上がってしまい、そのせいで、認知機能も低下してしまいました。

やっぱり、強引にでも施設に入所させないとだめかと本当に悩んでいました。

 

色々ネットで検索し、お薬ロボットがある事をしりました。

発見したときには、涙が出そうでした。

 

可愛いフォルムのFUKU助は、薬を時間で出してくれ、部屋の温度や人感センサーもあり、遠地にいる私どもでも見守れて、薬のセットも簡単な為、今は血圧も140に下がってきました。

 

そのお陰もあってか、認知機能も改善がみられ、ケアマネジャーと喜びました。

 

一番嬉しいのは、施設に入らず、自宅で過ごせてあげられる事です。

また、フォルムが可愛くて、独り身の叔父は、FUKU助の存在に癒やされて居るようで、顔が見える様に自分で向きを変えていました。

話しかけてくれたりすることにも嬉しいようです。

独居の叔父のいい相棒です。

お顔がカスタマイズできるのも嬉しいです。

 

行政の方も本当に良くしてくださいますが、お薬服用は、毎日なので、ヘルパーさんに来てもらうにも限界があり、例え毎日来てもらえても、今後服用が一日三回になったりしたら、不可能です。

 

病院やケアマネジャーもお薬ロボットの存在を知らず、パンフレットをみせたら、感動していました。

 

SNSに動画をのせたら、お友達も感動していました。

 

同じような悩みがある方に是非オススメしたいです。

対応も迅速丁寧で、安心できました。

 

高齢化社会で、本当に素敵なロボットを制作してくださって、心から感謝申し上げます。

今後とも宜しくお願いいたします。

東京都 武内様より


FUKU助は礼儀正しくて低めの声でゆっくり話すので、母にも分かりやすく仲良くしています。

 

あと応診のお医者様や特に来客の男性に人気があり興味津々に見ていかれます。

 

そして母がケイタイをカバンに入れたまま忘れても、FUKU助が薬を取り出したと私にメールで教えてくれるから、母は元気だと分かり助かります。

いつかFUKU助の画面で母とビデオ通話が出来るといいなと思っています。

 

設置した日の初期操作でトラブルがありましたが、すぐに対応して頂き大変助かりました。

 

FUKU助の兄弟たちはどうしているのかな?

 

東京都 林様より


お世話になっております。一言お礼を申し上げたく、メールさせていただきました。

 

別居の80代母は、老人性うつ病のとリウマチの2つの持病の薬を処方されています。

FUKU助導入前は、たびたび薬を飲み忘れてうつ病の調子が悪くなり、結果としてさらに服薬がいい加減になって、

リウマチまで悪化してしまう、という悪循環にはまっていました。

ちゃんと服薬ができているか確認するために、朝晩電話をしたり直接訪ねたりと、介護の負担は大きかったです。

 

FUKU助を導入以来3ヶ月、規則正しく服薬ができています。

「ロボットの言うとおり飲めばいいから安心だ」と母も申しています。

 

私もIT関連の仕事をしていますが、考えられた作り・仕様になっていると感じます。

本当に素晴らしいプロダクトを作ってくださり感謝しています。

神奈川県 熊谷様より


母が、薬の飲み忘れや過剰に飲んで体調を崩すなど実際に身近で起こり、何か良い物はないかと探していました。

 

ネットで検索しFUKU助の動画を一目見てこれが良い!と感じ申し込みをしました。

見た目も可愛らしく母もとても気に入ってくれました。

 

1番の心配は初期設定は難しいのでは…。と思っていましたが機器に詳しくない私でもすぐに設定が完了しました。

 

もし同じ様な事で悩んでいる方にもぜひお勧めしたいです。

本当に高性能なロボットです。

東京都 藤谷様より


お送りいただいたFUKU助ですが、無事に母との対面をすませました。

姪がお顔をチョイスしてくれて、母も初日こそ遠巻きに見ていたのですが、昨日可愛い、可愛いを連発してました。

 

姉が、母の薬の飲み過ぎを相談していたかかりつけ医に話したところ、先生も直ぐにネットで検索して、『画期的ね』と驚いていたそうです。

 

ケアマネさんにもお見せして、噂に聞いていたけど初めて見たとの事で感動して頂きました。

 

年寄りの気まぐれで、いつ迄可愛いが続くか分かりませんが、親族一同は長くお付き合い頂きたいと感謝しています。

 

今後とも宜しくお願いします。